蓮&藍&のん&うんてん&エミと、時々旦那

我が家の5匹の娘達の日常を綴っています。時々毒吐きます(笑)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

瀕死の猫
今日、配達途中に瀕死の猫を見かけた。

目は目脂でガビガビで、ほとんど開いてない。

呼吸は少し苦しそうな努力呼吸

うずくまって近寄っても、顔を少し上げる程度で逃げることもしない

寒そうで震えてる

『ほっといたら死んじゃうな』と思った

首輪はしてないし、見た感じは野良猫

どうしよう?

でも配達途中で、しかもバイクの私はなにもできず、とりあえず配達が終わってもまだいるようなら保護しようと思い、とりあえず急いで配達へ。

終わって行ってみたら、やっぱりまだいた。

一瞬、色々なことを考えたけど、このまま見捨てることは到底できず、猫好きな妹に協力してもらい保護。

すぐに病院へ向かった

診察の結果

・野良猫のオス(若くもなく、年寄りでもない)
・猫エイズ陽性、白血病は陰性
・極度の脱水と栄養失調
・脱水によるものなのか病気なのか分からないがクレアチニンが5,1と高値(腎不全)
・口腔内の炎症(喧嘩によるものだろうと)
・猫風邪
・疥癬の疑い
・ノミ、ダニ

と、まぁ色々悪い

先生も『ほっといていたら、そのまま死んでいたでしょう』と。


とりあえず、ノミダニ薬を滴下・抗生剤の注射・補液・疥癬の注射をしてもらった

少しは暴れる元気あり

補液が終わって、先生がシリンジでご飯を与えるとぺろぺろなめた

これなら大丈夫かも??と一安心

とりあえずは、毎日通院

今日のところは猫のことをよく知っている妹が預りを申し出てくれた







と、そこまではいいんだけど

妹の旦那が『本当だったら寿命かもしれない猫を拾ってきて延命なんかして、この猫はそれで幸せなの?』と一喝されたそうな。

なんだか考えさせられる言葉だな

確かに、その考えも間違いではないと思う

私も保護しようと思ったとき、色々考えた

でもほっとけなかった

私のただの自己満だと言われればそうなんだろうけど

でも、ほっとけなかった

これって間違ってるのかな?


とりあえず妹には迷惑かけられないから、あまりにも妹の旦那が色々言うようなら家で預かることも視野にいれていかなきゃな。

猫エイズ陽性だと、里親探しも難しいんだろうか?

まぁ、この猫やんが元気になってからの話だ。



なんか、猫の保護知識とかあったら教えてください。



ちなみに仮の名前は『ナミヘイ』通称 波っぺです。
スポンサーサイト
  1. 2014/01/24(金) 00:15:19|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4




| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。