蓮&藍&のん&うんてん&エミと、時々旦那

我が家の5匹の娘達の日常を綴っています。時々毒吐きます(笑)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

もなか

これ、食べ物じゃなくて実家の猫の名前



13年前の夏、我が家のガレージで鳴いている瀕死の猫1匹


多分、お母さんに置いてかれちゃったんだろうね


うちはずっと犬は飼ってたけど、猫は飼ったことが無かった


理由は、祖母と父が猫が嫌いだったから


でも、手のひらサイズの瀕死猫を見捨てるわけにもいかず


とりあえず家で保護することに


そうなると、当然のことながら情が湧く


祖母と父が断固反対する中


妹の『この猫捨てるなら、私も死ぬから!!』の一言が効いたんだろう


その日から我が家の猫になりました


それが、もなかです








でも、家の中で一番愛想が無いの














私なんかには見向きもしない


少し前までは、私の声が聞こえただけで逃げてった(何もしてないのに)


まぁ、もなかが拾われた時は私は家を出て一人暮らしをしてたから


もなかにとっての私は家の人ではなく、他人なんだろう


もなかが唯一心を開くのが妹


命を助けられた恩を感じているのか、妹にだけはかわいい猫になる


猫って不思議な動物なんだなぁ





そんなもなかも、今年で13歳(推定)


捨て猫から、我が家の箱入り猫(桐の箱でっせ)になりました



そして嫁に行った妹の家でも


捨て猫から箱入り猫に出世した、たら&いくら







世の中には、まだまだ出世待ちの猫がたくさんいる


少しでも出世待ちの猫が減る世の中になればいいなぁ…と、もなかを眺めながら思いました


スポンサーサイト
  1. 2012/03/12(月) 21:46:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2




| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。